Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

身体のこと

酒飲みは甘いものが苦手?9


暑がりで、飲食物の通りが悪いようなタイプの酒飲みは甘いものはあまり摂取できないかと。


ちなみに、お酒を飲まれる人が夕食の時におかずだけでおコメを食べないというのも酒飲みは甘いものが苦手ということが言えます。

何故かといえば、それはおコメが甘いものだから。


都市伝説でもなく、基本酒飲みは甘いものが苦手なのです。

(おわり)



  • 2013.01.09 Wednesday
  • 15:03

身体のこと

七草粥


.札
止血、強精、利尿の効あり。気を旺盛にして気血のめぐりを良くし、大腸、小腸を丈夫にし、全身の発熱、小児の突然の発熱などに効き、水腫を除く。

▲淵坤
止血、利尿の効あり。五臓の働きを助ける。

ゴギョウ
鎮咳効果あり。痰を除き、喘ぎ、感冒、筋骨の疼痛を治す。

ぅ魯灰戰
歯痛、打撲傷、こしけ、子宮、心臓の薬とし、乳汁の分泌を促す。

ゥ曠肇吋離
血の混じった激しい下痢、おねしょ、一切のおでき、歯痛の薬。

Ε好坤福覆ぶ)
五臓の機能を高め、身体の動きを軽くし、気の働きを旺盛にして栄養をすみずみまで運ぶ。

Д好坤轡蹇並膾)
消化吸収を良くし、糖尿や胃、人体の九つの孔(目が二つ、鼻が二つ、口が一つ、耳が二つ、大小便の孔が二つで計九つ)に効能があり。気を下げ、色白にする。

                                  (「自然に医刀あり」より)

それがこれ。



昨日おいしく頂きました。


  • 2013.01.08 Tuesday
  • 18:03

勉強会

1月勉強会のお知らせ


1月に予定されている勉強会です。

 26日(土) 19時〜
 広島漢方寺小屋
 場所:広島県医師会館 3階第2会議室


医療関係者の方で興味のある先生がおられましたら

info@m-sinkyu.com

までご連絡くださいませ。



  • 2013.01.07 Monday
  • 17:48

身体のこと

酒飲みは甘いものが苦手?8


この通りの良し悪しは管の太さが影響するのだと思います。

管が細ければ粘りのあるものほどつまりやすくなるでしょうし、太ければつまりにくい。


緊張すると食べられなくなる人は、普段から細い管が緊張でより細くなり入りにくくなるのでしょう。

そんな人が太れるはずはありません。


ですのでこの管の太さは体型にある程度比例するのだと考えます。


(つづく)

  • 2013.01.06 Sunday
  • 14:56

身体のこと

酒飲みは甘いものが苦手?7

 
また通りのよい人は甘いものが行けるでしょう。

カッカとのぼせあげている人でも通りがよければ問題ないものです。


通りとは、口から入って肛門に至るまでの、広義としての胃の管の通りのこと。


つまり口から入った食べ物が、しっかりと便として出ているかどうか。


便が出にくい人は通りの悪い人。

よく食べて、食べるたびに便に行くような人は通りのよい人。


通りがよい人は酒飲みでも甘いものがいけるものです。


(つづく)

  • 2013.01.05 Saturday
  • 14:25

その他

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。



とは言うものの、いきなり予約の勘違いで正月気分が抜けきれていないようです。

申し訳ない限りです。

皆様も仕事はじめ、学校はじめに十分お気をつけくださいませ。


  • 2013.01.04 Friday
  • 14:47

その他

ありがとうございました。


今年も一年間ありがとうございました。

日々精進し、少しでも多くの方のお力になれるよう邁進して参ります。


どうぞ皆様よいお年をお迎えくださいませ。


もり鍼灸治療院
森 司


  • 2012.12.30 Sunday
  • 18:31

身体のこと

酒飲みは甘いものが苦手?6


だからと言って酒飲みは皆甘いものが苦手とは限りません。

ならどういった人が甘いものを欲するのか。。

甘いものは緊張を和らげてくれますので、基本的にはストレスが強く気を張っている人が食べたくなります。

ただ緊張しているだけならよいのですが、それが強くなり過ぎるとカッカしてのぼせてきます。


こののぼせの熱と甘いものが合わさると停滞力を強くしますので、基本的にカッカしてのぼせている人は逆に甘いものを欲しにくくなってくるはずです。


よってあまり体内に熱を込めていない人は酒も甘いものもいけるのかと。


まあ酒飲みの時点で、体内に熱が篭ってはくるのですが。。。


(つづく)


  • 2012.12.29 Saturday
  • 15:00

その他

クリスマス


患者さんの脈をとる・・

ボヤーっとした感じで、ダルそうな脈。

頭がボーっとしたり体がだるかったりしないですか?と聞いてみる。

全くないです。むしろ調子がよいと思うのですが。。との返答。


う〜〜〜ん?!?!?!
でもいつもと違う!

今日は26日。。。昨日はクリスマス!!

ってことはケーキ


案の定おいしく食べましたとの事。


甘いものにはこういった作用があります。


緊張を和らげるので、摂りすぎると体や頭がボーっとしやすくなります。

そうなると感覚が鈍くなって調子の善し悪しが解らなくなるものです。


こういった脈を診てクリスマスだったんだなぁと。。

次はお正月を実感することでしょう。


  • 2012.12.28 Friday
  • 15:06

身体のこと

酒飲みは甘いものが苦手?5


ドロッとしたとろみのある液体。

これ自体にも要因はあるかと。

とろみがあると言うことは熱が冷めにくくなります。
普通のお味噌汁よりもなめこが入った味噌汁の方が冷めにくいものです。
(対流などによる影響。詳しくはこちら。)

停滞力が強く、熱も冷めにくい。


停滞力と熱が、胸やけや胃のむかつきの原因となり、熱の覚めにくさにより
その症状が持続してしまう。

そんな感じなのでは。。


(つづく)


  • 2012.12.26 Wednesday
  • 15:37