Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

身体のこと

のんだらのるな。のるならのむな。2

 

例えば痛み。

やまいだれに甬(≒通)と書くように、流れが通らなくなる病が痛みなのです。

なのでこの流れを通してあげると痛みが取れるということになります。


冷えによって流れが通らなくなるのか、打ち身や捻挫によって流れが通らなくなるのか、ストレスから流れが通らなくなるのか。。。


原因としてはいろいろあると思います。


とーぜん、冷えによるものであれば温め、打ち身や捻挫であれば滞った血液を吸収循環させ、ストレスなら気分をスカッとさせるように体に働きかけるなど、痛みの原因によってさまざまです。


でも病院へ行くとどうでしょう。先生痛いです!って言ったら必ずといっていいほど痛み止めが処方されることでしょう。


痛くなる要因など関係なく痛みには痛み止めなのです。




※一般には新薬は即効性があり漢方は体質を徐々に改善していくのでなかなか直ぐには効かないと思われている方が多いとは思います。それは大きな間違いで、そればかりか、急性期への対応は漢方薬の非常に得意とする所。っとだけ同じ東洋医学を学ぶ者として書いておきます。


  • 2012.10.02 Tuesday
  • 16:03

勉強会

10月勉強会のお知らせ

 

10月に予定されている勉強会です。


 17日(水) 19〜21時
 場所:むろもとクリニック
※今回は私がお話させていただきます。
 内容は【発熱と時間】と題してお話をさせていただく予定です。


勉強会に興味のある医療関係者の方がおられましたら、info@m-sinkyu.comまでご連絡くださいませ。
  • 2012.10.02 Tuesday
  • 15:54

身体のこと

のんだらのるな。のるならのむな。

 

体に不具合が起こった時に起こるお知らせサイン。それが症状。


症状が出た時の対処法。一番にお薬を服用される方が多いと思います。


例えば頭痛や生理痛などの痛みには痛み止め。痒みなど炎症疾患に対してはステロイド。眠れなければ睡眠導入剤など。。

にも関わらず多くの人はあまり薬をのみたくはないと言われます。理由はクセになるとか、体にとって良くないんではないかなど。


うちに来れば必ず薬をのまなくてよくなる!!だから全部止めなさい!!って言えればよいのですが、その域には全くもって及びませんので。


ではどうしたらよいの???

それがのんだらのるな。のむならのるなの法則なのです。


  • 2012.10.01 Monday
  • 13:45

身体のこと

不要な検査と治療

 

アメリカの学会で発表されたそのワースト5。


1.アレルギー評価のために根拠のない一連のIgE検査は不要

即時型のアレルギー性鼻炎や喘息には信頼性が高いが、食物アレルギーでは偽陽性が多く、信頼度は低いとの事。
つまり信頼性が高いものと低いものがあるので、アレルギーだからとすべてにおいて検査する必要性は無いのですよと。

2.危険信号がない急性腰痛はすぐに画像検査を行わない

患者の病歴や身体所見で特定の疾患や脊椎の異常が見られない腰痛では画像検査は疼痛などを改善しないばかりか、コストが掛かったり、患者を不安にさせるリスクが生じる。なので画像検査は6週間たってから。
このあたりは日本でもこの流れになってくるようです。

3.無症候で低リスクの患者には心電図スクリーニングを行わない

心疾患の症状が特にない人に検査をしてもほとんど意味がないとの事から。
この見解には日本の医師からはあまり同調を得てはおりません。それは検査自体が患者さんへ身体的リスクが少ない上に少なからず異常を発見できることもあるからとの事。

4.小児の虫垂炎の疑い例はエコーの前にCTを撮らない

放射線被曝やコストの点から。
背景にCTの進歩と普及によりCTを最初に選択する施設が増えているからのようです。

5.乳癌手術後のフォローアップに腫瘍マーカーやCTを使わない

早期で転移リスクが低い乳癌患者には用いない。これらの検査を積極的にしてもしなくても生存率には差がないことが示されているようです。
日本の乳癌診療ガイドラインでも、上記検査の実施は基本的に勧められないと評価されてるようです。それにも関わらず積極的に検査をしているところがほとんどのようですが。。


国民皆保険により患者さんの医療費が低い日本はこれらの検査は諸外国に比べるとより安易に用いられ、積極的に活用?されていると思います。一つの情報(日経メディカルより)までに。。



 
  
  • 2012.09.30 Sunday
  • 08:31

その他

Baseball

 
昨日は今年初の野球観戦!


熱い眼差しの中


・・・語らない男が

・・・この後しっかりとお膳立て!


最後はこの人が。


こんな具合に!!!!!!!!!!!!


おまけ

萩のPRに来ていたお侍さん。わざわざ子供と一緒に写真をとってくれるサービスまで。
いい一日でした。


  • 2012.09.28 Friday
  • 14:35

身体のこと

入浴のすゝめ3

 

デスクワークが主な現代。体を動かすことも少なく、夏の暑い時期でも冷房で季節に逆行して体を冷やされてしまう。

だからこそ入浴です。

また入浴によって体が温まれば発汗します。発汗は体温を下げてくれますので、夏の暑い時期こそ入浴する方がかえって体がすずしくなります。冷房で汗もかかず冷飲食によって毒を溜め込んでいる(代謝を悪くしている状態)人なら余分な水分も汗で放出してくれるので尚更よいです。


お風呂は綺麗になるために入るんじゃなく、血行をよくし、健康を維持するため。


やっぱりシャワーではダメって事です。


  • 2012.09.26 Wednesday
  • 14:18

身体のこと

日本動脈硬化学会VS日本脂質栄養学会

 

なのかはよくわかりませんが、考え方は真逆なようです。

ある雑誌に載っていたことをかいつまんで。


日本動脈硬化学会
血液中のコレステロール値を一定の数値以下にまで引き下げる必要があると唱えている。

日本脂質栄養学会
高コレステロールと動脈硬化性疾患は無関係であり、むしろ動脈硬化性疾患は低コレステロールの時によく起きる。コレステロール値を引き下げてしまうと体の抵抗力、免疫力も落ち、動脈硬化性疾患ばかりか癌、感染症、鬱病その他を引き起こしやすくし、総死亡率も高めると警告している。

ちなみにアメリカでは国民のコレステロール値を下げる政策が1980年代から国家的に行われ、その効果はあったものの、心筋梗塞や脳卒中の患者数はその間に逆に増えているそうです。


どちらがどうとは言いませんが、背景には利害関係も絡んでいる可能性が高いようです。


コレステロール論争資料はここ





  • 2012.09.25 Tuesday
  • 13:43

身体のこと

入浴のすゝめ2

 

血行がよくなるということは非常に大切です。


血液は栄養分ですので、この血液の循環がよくなるということは栄養分が体の隅々まで運ばれると言うことです。


栄養分が隅々まで運ばれている姿は植物で言うと青々と生い茂った弾力のあるしなやかな姿です。
栄養が行き届かないと色が落ち、葉がパリパリに硬くなり、柔軟性が失われ固まってしまいます。


お風呂に入ると顔が赤らみ、血色がよくなります。柔軟性もあがり、入浴前に比べると体が柔らかくなります。

こういう状況になっている時、人は自然と「いい湯だった〜」「サッパリした〜」「生き返ったわ〜」「ゴクラクゴクラク」などなど心の声を発している事と思います。

まさにこれが理想の入浴!

シャワーではダメなんです。


  • 2012.09.24 Monday
  • 18:49

身体のこと

入浴のすゝめ



1.温熱作用

皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流が良くなります。それにより体内の老廃物や疲労物質の除去、コリがほぐれ疲れが取れます。
また、内臓の働きを助け、自律神経をコントロールする作用もあります。腎臓の働きもよくなり、利尿作用がはたらきます。
そして、入浴の仕方によってはヒートショックプロテイン※(HSP)が生成され、細胞が活性化し、免疫力アップも期待できます。

(※ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のこと。また、免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を遅らせるなどの力も持っています。つまり、カラダにとってはとてもありがたい存在で、HSPが増えることは、「カラダを元気にする」ことにつながっているのです。)


2.水圧作用

お風呂でも水圧を受けます。この圧力はウエストが3〜6cmも細くなるほど!
この圧力で、足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進します。
また、腹部にかかる水圧が横隔膜を押し上げて肺の容量を減少させるため、空気を補うために呼吸の回数が増え心肺機能が高まります。


3.浮力作用

お風呂に浸かると、体重は約9分の1程度になります。普段体重を支えている筋肉や関節は、その役割から開放され、緊張からくる脳への刺激が減少します。
見えない身体の負担を軽減することにより、心も開放されてゆくのです。

                                  (株式会社バスクリンより)


こういう風に説明されるとお風呂ってすごくいいんだぁ〜って納得できます。
大方の人は入る方が元気になります。シャワーではダメなんです。




  • 2012.09.22 Saturday
  • 13:24

身体のこと

不妊治療・子宝相談会



子宝1000人プロジェクトと題して活動されている方からのお知らせです。


興味のある方は是非お問い合わせ(pdf形式のチラシです)ください。





  • 2012.09.21 Friday
  • 14:07